生活に必要なもの

マイホームの購入について

PAGETITLE
一生の内で大きな買い物といいますと、マイホームの購入でしょう。
当然マイホームを持たない方もたくさんいますが、人生の大きな目標のひとつです。
どのくらいお金が必要か?どのくらいのローンを組んだらいいのか?地域はどこにするのか?などいろいろと考えることはあると思いますが、ここでは資金のことを少し考えてみます。
購入金額を決める一つの目安が、どのくらい頭金を用意できるか、にあります。
全体の2割以上は用意するのが良いとされます。
そのほかにも1割ほどは予備資金を蓄えます。
家の購入以外にも諸費用がかかり、高額物件なので馬鹿にならない金額になるからです。
このほかにも引越し費用やもろもろの経費はかかるものです。
つまり、最初の自己資金を3割程度用意しておく必要があります。
次に残りをローンにするわけですが月々の返済額を計算する必要があります。
目安は年収の1/4以下にすると良いです。
もちろん収入金額により変化しますが生活に支障をきたさないように考えることが大事です。
これにより返済総額を何年ローンになるか考え、さらにローンが終わるころには年齢がいくつくらいになっているかも考えます。
おおよそ、ローンが終わるころには家も古くなり始めるので他にも費用がかかってくることがあり、もしもその時に収入が少なくなっているなどを考えて余裕を持った計画が必要になります。
毎月返済額と年利、年数を計算し借入限度額を計算し、用意できる頭金をプラスした金額からマイホームの値段を検討するのが良いでしょう。

金融・お金、きちんと整理されているこのサイトでチェックしてみてください☆

Copyright (C)2018生活に必要なもの.All rights reserved.