生活に必要なもの

税金とローン

PAGETITLE
大きな買い物などをする際には、ローンを組むことがあります。
貯蓄額が多く、高額なものも支払いできる場合は別ですが、多額の出費が出るのは大変です。
そこで購入金額を一時的に金融機関などから借り入れて後日少しずつ返済していくわけです。
高額なものの代表はマイホーム、マイカー、教育費用などです。
これらは通常の収入だけではとても払いきれるものではないのでローンを組むことが多いわけです。
とても便利な支払い方法ですが、使い方を誤ると、その後で悲惨な目を見ることになります。
高額なものがすぐ手に入るので嬉しいのですが、品物が無くなったとしても支払いは続くものですし、そもそも収入に対しての支払いの割合が高すぎると困難になってしまいます。
通常は支払い能力があるかないかの審査がありますが、当初の予定では支払いに不便はなくても、リストラや転職など、「もしも…」の事も考えて返済には余裕を持つ必要があります。
これとは別に、価格の低いものもローンを利用する場合があります。
前述とは少し場面が違いますが、街中で買い物をしようと思った時に手持ちが少なく現金では購入できない場面などです。
これは自宅では用意できるけど、今は持ち合わせていない、ということですので、店側からするとこういった客に逃げられてしまうのは非常にもったいないことです。
この場合はクレジットカードなどでお金がなくても購入できる、という形にした方がメリットがあります。
通常はカードOKなどとされていますが、これもローンという形になります。

Copyright (C)2018生活に必要なもの.All rights reserved.