生活に必要なもの

金利と為替の関係

PAGETITLE
私たちが普段、お金を貯めようとすると思い浮かぶのが銀行に預けることですが、現在の利子はとても低いので預けてもあまりうま味がありません。
通常聞く事になる金利には2つの違う場面があります。
前述の直接銀行などに預けた金額につく利子の事を金利といいますが、公定歩合と呼ばれる、日銀が民間の金融機関に貸し出しする場合の金利の事を指す場面とあります。
民間の金利は公定歩合に左右されやすいですが、必ず同じ動きをするわけではありません。
日常お世話になるのは民間金融機関の金利のことです。
ニュースなどで出てくる金利はこればかりではなく、公定歩合の事を指すことの方が多いです。
日本では長らく低金利ですが、海外諸国では日本よりもずいぶん金利の高い国もあります。
この場合の金利は公定歩合の事を指します。
これと深い関係のあるのが為替です。
基本的には金利が下がるとその国の通貨は売られて下がります。
金利が上がると好感し通貨が買われて上がります。
しかし、実際の為替相場は必ずこの動きになるわけではありません。
国自体でも比較的経済大国では金利が高ければ通貨が高くなる発想は一般的ですが、開発途上の国は金利が非常に高い傾向にあります。
それでも、政治や経済に不安があることも多いため、外貨は流入し高くなる、とは限らないからです。
これらは一部の人間が動かすものではなく、世界中の総意のもとに動くので予想などは外れることも多く、失敗をしてしまう方もたくさんいます。
お金を貯めるというのは大変な事ですね。

Copyright (C)2018生活に必要なもの.All rights reserved.