生活に必要なもの

生活に必要なもの

PAGETITLE
現代社会で生きていくために必要なものは何?と聞かれたら何と答えるでしょうか。
人により答えは違ってくると思いますが、多くの方が「お金」は必要だと答えるはずです。
と言うよりも無いとどうしようもないモノですね。
当然大昔から存在するものですが、もともとの語源は金、銀、銅などの金属製品の総称からきたものです。
貨幣としての黄金を指すようになり、現在お金といえば、通貨や貨幣の事を表します。
貨幣の歴史は古く、それ以前は等価交換が一般的でした。
同じような価値のモノを互いに了承して交換する方法できわめて原始的です。
原始的といいましたが、現在でも普通に行われていますので物品の交換が人間社会には必要だという事と言えます。
ただ、価値の等しいものを集めるのは苦労しますので、次第に貝殻や石などの代替物を使い、交換するようになります。
これらは原始貨幣と呼びます。
時が経ちますと、青銅や鉄、銅、金・銀などの金属が使用されることになり、中世以降になると紙幣が登場します。
日本におけるお金はどうなっているでしょう。
和同開珎が最初の貨幣となっています。
現存するものは数少ないですが、西暦708年以降、日本ではさまざまな貨幣が登場することになります。
皇朝銭などを幅広く広めようとした時代もありましたが、原材料不足などによる質の低下などから、なかなか広域の庶民にまで使用されず、地域ごとに利用される貨幣などもあり、統一されて使われるようになるのはかなり時代を経て、江戸時代になってから貨幣制度が統一され、全国で使われていきます。
明治以降は現在に近づき、紙幣も発行されるようになり現在に至ります。
必要なものを貨幣と交換し手に入れ、不必要なものを売る、と言う形で貨幣に変えます。
こうしてみますとどの時代でも人間が生活するにはお金がかかわっていることが分かります。
人間同士のトラブルの多くはお金がかかわっていると言えます。
人間を豊かにするのも不幸にするのもお金…だとしますと、お金にどう付き合っていくのが最良なのでしょうか。

金融・お金、きちんと整理されているこのサイトでチェックしてみてください☆

Copyright (C)2018生活に必要なもの.All rights reserved.